Search
Search Menu

合宿免許というのは色々な人と生活をすることになるので、色々なことが起きることがあります。
基本的に教習所が他の教習生の迷惑になるような人は、注意をしてくれるので心配がいりませんが逆に自分がそのようなパターンとして当てはまる場合には注意をしておきましょう。例えば合宿免許ではタトゥーの入っている人は入校を断らてしまう場合があるので、タトゥーがある人はそのような条件がないのかしっかりとチェックをしておく必要がありますし、喫煙場所が限られている教習所は多いのでタバコを吸う人はその辺りの確認をしておくことが大切です。
ネイルが楽しみだという女性も多いことでしょうが、運転に支障が出るようなネイルの場合には注意をされてしまう恐れがあります。
その一方で合宿免許の利点としては寝坊をしてしまうような人の場合、教習所のスタッフに起こしてもらうことができたりするので、寝坊をしてしまって教習を受けそびれるということが少ないため、このような人は合宿免許の利点が大きなものとなっています。

合宿免許 くりっくはクレジット決済OK!




合宿免許口コミ広場

合宿免許所とは

運転免許を取得する一般的な方法は、公安委員会指定の自動車学校を卒業してから居住地の運転免許センターで学科試験と適性検査に合格することです。自動車学校に入校して教習を受ける際は、自宅から通学するか合宿免許所の合宿プランに参加する方法があります。合宿免許のメリットとは、通学教習よりも卒業までに日支払うトータルの費用と時間を節約することができることです。逆に合宿免許のデメリットは教習期間中は自由が制限されることで、大学に通ったり仕事をすることができません。

合宿免許を利用する場合は教習内容や検定の基準は同一ですが、自動車学校の違いにより料金や卒業までの日数や宿泊施設の種類・食事・周辺環境・特典の内容などに違いがあります。合宿免許先の選び方として料金が安い所を探すことができますし、旅行してみたい地方を選ぶ方法もあります。地域によっては、教習の合間に旅行気分でレジャーや観光・食べ歩きが楽しめます。中には合宿期間中に無料で温泉施設やスポーツ施設が利用できたり、ケーキバイキングのサービスを実施する教習所も存在します。




合宿免許所に入校してから免許取得までの流れですが、初日に自動車学校の最寄駅に集合して送迎バスで教習所に行って入校手続きをします。入校式を済ませた後は適性検査や注意事項の説明を受けてから、学科や技能教習が始まります。教習を終えると宿泊施設に向かい、部屋が割り振られて合宿生活がスタートします。2日目以降は宿泊施設から教習所に通学し、自分に割り振られた時間割に従って教習を進めて行きます。期間中に必要な教習を全て終了して所内で実施される検定に合格すると、卒業証明書を受け取って退所します。退所後に教習所が発行した卒業証明書や仮免許証を持って地元の運転免許センターに行き、学科試験と適性検査を受けて合格すれば本免許証が交付されます。もしも検定に不合格になると補習を受けてから再検定を受験しなければならないので、数日ほど延長されます。

合宿免許の料金には教習中の宿泊費や食費などの必要な費用が全て含まれています。延長になった場合の追加の宿泊費・食費・再検定費用も保証範囲であれば追加料金を支払う必要はありません。食事つきプランを選択すると、宿泊施設や教習所の食堂で食事をとることができます。中には近隣の飲食店で使えるクーポンを受け取り、近くのお店で食事をする場合もあります。宿泊施設は教習所が所有する施設や専用に借り上げたアパート・マンションのほか、最近はビジネスホテルを利用するケースも増えています。合宿免許に参加する際に、自宅から自動車学校までの交通費の一部または全額が支給されます。