Search
Search Menu

合宿免許でのタトゥーについて

合宿免許の場でタトゥーの入った人がいたりしたら、少し萎縮してしまうものですよね。
最近はデザインとして認められつつありますが、やはりこのようなものが入っている人は怖い人だというイメージがあるので、一緒に教習は受けたくないという人は少なくないものです。
そのため、合宿免許ではタトゥーの入った人は入校お断りということもありますが、これはすべての場所がそのようなルールが有るとは限りません。

例えば、風呂などが共同の場合にはどうしてもタトゥーが目立つことになりますから、そのような人は断られてしまう場合も多いのですが、個人部屋が割り当てられていて風呂なども各自の部屋に完備されており基本的に他者との交流がないような場所では肌を人前で晒すということもないので、特に問題とされない場合もあります。
常に彫り物をむき出しにして威嚇をするような相手がいるのであればともかくとして、普通にそれを隠している状況であれば相手がタトゥーを入れているのかいないのかというのもわからないものですから、特に問題となるようなことはありません。
そして、実際に問題となるような人がいれば後からでも教習所側が対処してくれるので、このことで心配をする必要はないのです。